青年衆 写真

青年衆

全国より集った高校生から大学院生までの方々に、様々なお手伝いをして頂いております。青年衆にとっては伝統的な悔過の法要に参加し、奉仕活動を通して人生の生き方を学び、自己を見つめる機会となっています。

青年衆とは?

薬師寺青年衆は、日本の未来を担う青少年の育成の為に昭和40年頃から実施しています。奈良時代から続く寺院の伝統行事に実際に参加していただき、日本の伝統や歴史を学びます。また、全国から集まる同世代の仲間との集団生活の中で「他者を思いやる心」を育んでいただくことを目的としています。  今日も地域や性別を問わず高校生・大学生を中心として多くの方にご参加いただき、若い力で薬師寺の伝統行事を支えていただいております。 お寺という非日常の生活のなかで自分磨きをしてみませんか。

修二会花会式(3月21日〜4月1日)

3月21日から始まる花会式の準備では、23日に薬師三尊さまをはじめとする薬師寺の仏さまのお体を清めるお身拭い、仏さまにお供えする壇(だん)具(ぐ)(お餅)作りが行われます。24日には堂内を飾る十種の造花を活けて花会式の準備が調います。 25日から始まる花会式では、僧侶・参拝者のお世話役である「堂童子」として法要の準備を手がけ、僧侶とともに花会式独特の声明(しょうみょう)である「薬師悔過(やくしけか)」を唱えます。また参拝者やお籠もりの参籠者のおもてなしをお手伝いいただきます。

青少年の為の寺子屋(8月6日〜11日)

夏休みの寺子屋では「友情・鍛練・自律」を目標に、小中学生の子供たちとお寺の生活を過ごしながら、身近なものへの感謝の心を養います。また、子供たちを指導していく中で、リーダーとしての行動力を身につけます。寺子屋では、お写経や遠足、奈良の寺社の特別拝観などを行います。

修正会(12月27日〜1月4日)

修正会は、一年のはじめの正月に幸福の女神である「吉祥(きちじょう)天女(てんにょ)」をご本尊に迎え、一年の福徳を祈願する法要です。新年を迎える準備として12月29日には新年の鏡餅をつき、仏さまのお体を拭き清めるお身拭いが行われます。また門松作りなど、失われつつある日本の文化を体感していただけます。また正月三が日は、初詣に来られる参拝者に快くお詣りしていただけるよう、おもてなしをお手伝いいただきます。

玄奘三蔵会大祭(5月4日〜6日)

玄奘三蔵会大祭は、薬師寺の宗派である法相宗(ほっそうしゅう)の教えをインドから中国に伝えられた玄奘(げんじょう)三蔵(さんぞう)(三蔵法師)の遺徳を偲ぶ法要です。5月5日には奈良時代の芸能である伎楽が奉納され、夜には境内に並べられた約三千基の灯篭に火が灯される万灯会も行われます。玄奘三蔵会大祭では法要の準備や参拝者のおもてなしをお手伝いいただきます。

青年衆 参加申込み方法

ハガキ・FAX
・郵便番号、住所
・氏名
・性別
・学校名、学年
・年齢
・電話番号
・滞在日程(来寺・退寺時間まで明記)
※高校生以下は保護者の同意の上、保護者名(印)を明記

以上を明記のうえ、下記までお送り下さい。
インターネット
インターネットからのお申込みは、下記申込みボタンより、必要事項をご入力のうえ送信してください。送信後、自動の受付完了メールが届いた時点で、参加受付が完了となります。

青年衆についてのお問合せ

〒630-8563
奈良県奈良市西ノ京町457 薬師寺 『青年衆』係 
担当 根来 穆道[ねごろ ぼくどう]
メール:bokudo.n@nara-yakushiji.com
電話 0742-33-6001
FAX 0742-33-6004

お寺の紹介トップへ戻る

年中行事・定例行事へ戻る