玄奘三蔵の生涯

 玄奘三蔵(600または602〜664)は中国・隋の時代に生まれ、唐の時代に盛名を馳せた仏法僧です。いまでは、三蔵法師といえば玄奘三蔵のことを指すようになっていますが、もともとは釈迦の教えの「経」、仏教者の守るべき戒律の「律」、経と律を研究した「論」の三つを究めた僧を三蔵といい、普通名詞なのです。したがって大勢の三蔵法師がいましたが、なかでも玄奘はきわめて優れていたので、三蔵法師といえば玄奘のこととなりました。

玄奘三蔵取経図の写真
玄奘三蔵取経図

 玄奘は陳家の四人兄弟の末子で、彼が10歳のときに父が亡くなり、翌年洛陽に出て出家していた次兄のもとに引き取られました。13歳のときに僧に選ばれ、法名を玄奘と呼ばれることになります。玄奘は25、6歳ころまで、仏法と高僧の教えを求めて、中国各地を巡歴しました。しかし修行が深まるにつれて教えに疑念を懐くようになりました。漢訳経典にその答えを求めますが、各地の高僧名僧も異なる自説をふりまわして、玄奘の疑問を解くにはいたりませんでした。このうえは、天竺(インド)におもむき、教義の原典に接し、かの地の高僧論師に直接の解義を得るしかほかに途はないと思い立ちました。

 その中心となる目的は、瑜伽師地論と唯識論の奥義をきわめることです。当時、唐の国は鎖国政策をとっており、国の出入りを禁止していました。玄奘はなんども嘆願書を出して出国の許可を求めますが許されませんでした。

 玄奘は決心して、貞観3年(629)27歳のとき、国禁を犯して密出国します。玄奘の旅は、草木一本もなく水もない灼熱のなか、砂嵐が吹きつけるタクラマカン砂漠を歩き、また、雪と氷にとざされた厳寒の天山山脈を越え、時に盗賊にも襲われる苛酷な道のりでした。三年後に、ようやくインドにたどり着き、中インドのナーランダー寺院で戒賢論師に師事して唯識教学を学び、インド各地の仏跡を訪ね歩きました。

 帰路も往路と同じような辛苦を重ねながら、仏像・仏舎利のほかサンスクリット(梵語)の仏経原典657部を携えて、貞観19年(645)に長安の都に帰ってきました。この年は、日本では、中大兄皇子(天智天皇)が中臣鎌足らと謀って、蘇我蝦夷・入鹿親子を滅ぼした「大化の改新」の年にあたります。

 玄奘のインド・西域求法の旅は、通過した国が128国、実に3万キロに及んでいました。すでに、唐を発って17年の歳月がすぎ、玄奘はこのとき44歳になっていました。密出国の出発時と違って、彼の帰還は時の唐の帝・太宗の大歓迎を受けます。太宗は、国境近くまで出迎えの使者を出すほどでした。

 玄奘は帰国後、持ち帰った仏典の翻訳に残りの生涯を賭けます。皇帝からは政事に参画することを求められましたが、仏典漢訳に余生を集中することの理解をえて、翻訳事業に対して帝の全面的な支援を受けています。麟徳元年(664)に、玄奘三蔵は62歳で没しますが、訳業19年、死の間際まで漢訳への翻訳に打ちこみました。それでも、持ち帰った経典の約3分の1しか訳せなかったといいます。玄奘三蔵が翻訳した経典の数は、大般若経600巻をはじめ74部1335巻にのぼります。

 今、日本で最も読誦される「般若心経」の基となったのは、この大般若経です。

 大変画期的な翻訳とされ、玄奘より前の翻訳は「旧訳[くやく]」といわれ、玄奘以後の翻訳を「新訳」と称して区別され、この彼の仏典翻訳によって唐代の仏教興隆の基礎が築かれました。

 玄奘は帰国後、このように訳経に専念したため、唯識学の教学の研究と伝道は、一番弟子の慈恩大師に任せました。慈恩大師は姓を窺[き]、名を基[き]といい、17歳のときに玄奘に見出されてその弟子となりますが、豪放磊落[ごうほうらいらく]な性格の人物であったといわれています。彼は玄奘から諸国の言語を学び、玄奘の訳経の手助けもしながら、唯識教学を研究して、その奥義をきわめました。

<寺沢龍 「薬師寺再興」草思社より転載したものを加筆、修正しています>

お寺の紹介メニュー

伽藍のご案内
薬師寺の仏様
法相宗とは
玄奘三蔵の生涯
歴史
年中行事・定例行事
本山 僧侶紹介
世界遺産古都奈良の文化財薬師寺 国宝・文化財一覧
お寺の紹介トップへ戻る