天武忌の写真

天武忌

天武忌では、大講堂本尊である弥勒三尊像の御前に小倉遊亀画伯よりご奉納頂いた『天武天皇像』『持統天皇像』『大津皇子像』の御絵像がお祀りされ、天武天皇のご遺徳を偲ぶ法要が厳かな雰囲気の中、厳修されます。
写真はご参拝者のお心のこもった献灯の淡い光に浮かび上がる弥勒三尊像と御絵像。

天武忌(てんむき)とは

 薬師寺創建を発願された第40代天武天皇は朱鳥[あけみどり]元年(686)9月9日、56歳で崩御されました。例年、薬師寺一山僧侶挙げて、10月9日(旧9月9日)午前9時に、明日香檜隈大内陵[あすかひのくまおおうちのみささぎ]にお参り致します。

 薬師寺では、小倉遊亀画伯にご奉納頂いた天武天皇・持統天皇・大津皇子の御絵像を白鳳伽藍大講堂内にお祀りして、日本の礎を築かれた天武天皇のご遺徳を偲び天武忌の法要と奉納行事を厳修致します。[天武天皇・持統天皇・大津皇子の御絵像は大講堂にて8日より10日まで(予定)ご参拝頂けます。]

天武天皇・持統天皇・大津皇子 写真
(左)天武天皇・(中)持統天皇・(右)大津皇子
柴燈大護摩 写真
柴燈大護摩

柴燈大護摩(さいとうおおごま)

柴燈大護摩では護摩木に皆様の願いをお書き頂き、ご祈願を致します。
護摩木 1本 500円

万燈会(まんとうえ)

万燈会では大講堂に献燈をお供えし、白鳳伽藍を荘厳します。
献燈 1燈 1,000円

万燈会風景 写真
万燈会風景

天武忌メニュー

天武忌トップ
天武忌日程・慶讃行事
お寺の紹介トップへ戻る

年中行事・定例行事へ戻る