最勝会写真

最勝会

最勝会法要の大きな特徴の1つである講問論議。
写真は白鳳伽藍大講堂ご本尊である弥勒如来の御前にて登高座の上で西(左)側講師、東(右)側読師が講問論議をしている様子。

最勝会(さいしょうえ)とは

 神仏の国、日本では、勅使[ちょくし]の参向を受け行なわれた幾多の仏教儀式の中でも、特に代表とされる三つの法会がありました。日本三大会(南京三会)と呼ばれた法要の一つが平成15年に約500年ぶりに復興された最勝会です。 国家安泰や五穀豊穣などを祈る法要であり、また官僧の任命の為の国家試験の場でもありました。
 大講堂で繍仏阿弥陀変相図[しゅうぶつあみだへんそうず]をご本尊とし盛大に執り行なわれていましたが、享禄元年(1528)に繍仏、お堂ともに焼失し、法要も途絶えてしまいました。 平成15年(2003)大講堂復興と共に平成の世に甦る事となりました。堂内では講師・読師の声が響き渡り、燈明の淡い光に弥勒三尊が浮かび上がる中、厳かな雰囲気で最勝会が厳修されます。

薬師寺縁起絵巻の写真最勝会の様子が描かれている「薬師寺縁起絵巻」(部分)1716道恕作

最勝会メニュー

最勝会トップページ
法衣の紹介
日程・式次第
お寺の紹介トップへ戻る

年中行事・定例行事へ戻る