伎楽のご案内

伎楽の写真三蔵法師が求法の目的を果たし、インドから唐の都長安へ帰られ、
太宗皇帝が法師を出迎えている場面。
三蔵法師の写真

三蔵法師(さんぞうほうし)

仏法と高僧の教えを求めて、当時鎖国政策により出入国が禁じられていた中、度重なる出国嘆願に許可が下りず国禁を破って天竺(インド)へと旅立った中国随・唐時代の名僧。(三蔵法師役のみ毎年配役が変わります。)
三蔵法師の生涯
治道の写真
 

治道(じどう)

伎楽では行道の先導。帰国する法師の道案内役。
太弧父・太弧児
 

太弧父(たいこふ)・太弧児(たいこじ)

哀れな姿で登場するが実は観自在菩薩の化身であり、法師の苦難を救う。戒賢論師役も兼ねる。太弧児はその従者。
獅子・獅子児
 

獅子(しし)・獅子児(ししこ)

砂漠に棲む猛獣。法師を食い殺そうとする。獅子児は獅子の付き添い。
婆羅門の写真
 

婆羅門(ばらもん)

インドのバラモン僧。法師を自国へ招くため崑崙と争う。
酔胡王の写真
 

酔胡王(すいこおう)

西域に住む王。法師を酒宴に誘い込む。
酔胡従の写真
 

酔胡従(すいこじゅう)

酔胡王の従者。酔胡王と供に法師を酒宴に誘い込む。
崑崙の写真
 

崑崙(こんろん)

法師に数々の苦難を与える。実は仏の命によるもの。
呉公・呉女
 

呉公(ごこう)・呉女(ごじょ)

幻の高晶国の王と妃。飢えと渇きに倒れた法師を救う。
呉女従の写真
 

呉女従(ごじょじゅう)

呉公・呉女に仕える伎女。法師を色香で誘惑する。
金剛・力士
 

金剛(こんごう)・力士(りきし)

仁王。菩薩の命を受け、崑崙と婆羅門との争奪による苦難から法師を救う。
迦楼羅
 

迦楼羅(かるら)

仏・菩薩に仕える霊鳥。法師の苦難を救う。
太宗の写真
 

皇帝(こうてい)

唐の第二代太宗[たいそう]皇帝(李世民)。法師に請来した経典の翻訳を命ずる。

 

 

玄奘三蔵会大祭メニュー

玄奘三蔵会大祭トップ
伎楽のご案内
日程
お寺の紹介トップへ戻る

年中行事・定例行事へ戻る